Talk Information

とある会社の新人研修 〜GaiaXにおける新人研修の取り組み, 或いはPerlを主軸とした「知の高速道路」について〜

This talk is currently in 'Pending' state

Currently this talk is in PENDING state. If you would like to see this talk at the event, please consider using the social media buttons below to express your interest!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Abstract

新人エンジニアに対する新人研修は, エンジニアとしてのスタートダッシュを成功させる為には必要不可欠と言えるのではないでしょうか. 各社様々な試行錯誤を取り入れながら新人研修を構築している中, 私が所属するGaiaXでは今年の新人研修の構築を自分が担当することになりました. 3月から準備を開始して, 2ヶ月に渡る技術研修カリキュラムを構築し, 現在進行形(6月時点)で新人エンジニアに取り組んでもらっています.

複数のエンジニアを採用した会社のほとんどは, 新人エンジニアの技術力は均等ではなく, 得意不得意, プログラミング経験の有無など, 入社時点の技術力に多くの差があると思います. そのような条件の中で, GaiaXの新人研修では新入社員の全体的な技術力の向上だけでなく, エンジニアとしての強みや弱点の把握, そして事業に活きる最新技術の習得なども狙って新人研修を作っています.

一方で, 研修(学習)が必要になるのは新人エンジニアだけではありません. Webサービスを開発する為に必要な技術はますます幅広くなり, そしてますます高いレベルの技術が要求されるようになってきています. そのような状況を考えると, 言うまでもありませんが「新人エンジニア」に対する教育だけでなく, 会社に所属する「エンジニア全体」に対する教育も非常に重要です.

そこで, 今年の新人研修の資料作成にあたっては, 再利用可能な「社内に特化した知の高速道路」を整備する, という観点を重視して取り組んできました.

近年, 書籍やブログ, Webサイト, 或いはQiitaなどのサービス上で, 様々な「知の高速道路」が構築され, 提供されています. これに対し, 今回構築した「社内に特化した知の高速道路」は, Perlという後方互換性に優れた言語を軸に, 社内の環境に特化させることで, 「知の高速道路」の維持コストと習得にかかるコストを最小限に抑え, 効率よく学習出来るよう工夫しました.

最終的には, 16個のトピックについて, 日本語にして約24万文字の資料を準備し, 新人エンジニアと社内のエンジニアに対して提供することができました(これらの資料については, YAPC::Asiaにあわせて公開する予定です).

本トークでは, 「GaiaXにおける新人研修の取り組み」と, その中で生まれた「社内に向けた知の高速道路」, そしてこれらが新人エンジニアを含む会社に所属するエンジニアに対して与えた影響, そして今後の展望や課題などについて紹介します.

  • GaiaXの新人研修について...
    • 新人研修のスケジュール
    • 新人研修そのものの運用
    • 新人研修の目標設定
    • 具体的な研修カリキュラム
    • 研修の様子
    • 発生した問題とその対処
    • 実際に研修を受けた新人たちの感想とその成果
  • 知の高速道路について...
    • 「再利用可能な資料」の重要性
    • 言語選定の重要性とPerl
    • 3つのコスト ─ 構築コスト, 維持コスト, 学習コスト
    • 理解度計測の難しさ
    • 「知の高速道路」が与えた社内への影響
    • 今後の展望と目標

実際に新人研修に携わっていたり, 若手社員などへの教育を担当されている方には, 是非聞いて参考にして頂ければ嬉しいです.

Talk Details

Venue TBD
Starts On TBD
Talk Category Tutorial
Language Japanese
Interpretation (En→Ja) NO
Slide Subtitles Japanese
Talk Duration 30 minutes
Material (Difficulty) Level Beginner
May we take your photo? allow
May we record your talk? allow