Talk Information

ソーシャルゲームにおける AWS 移行事例 Accepted #yapcasiaE Vote!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Abstract

株式会社カヤックでは今年の 1 ~ 3 月にかけて、
運用しているソーシャルゲーム 3 タイトルをオンプレミス環境から AWS に移行しました。
Perl で実装されているそれぞれのタイトルを事例に、
AWS 移行の知見を共有し、アーキテクチャについてお話ししたいと思います。
事例はソーシャルゲームですが、他の分野にも応用ができるお話しになる予定です。
全てのゲームで consul を活用していますので、consul の導入事例もお話しできると思います。

本発表では、以下のトピックについてお話しします。

  • AWS 移行によるメリット・デメリット
    • 機能面、金額面
  • オンプレミス環境の MySQLから RDS へ移行する際の注意点
    • MySQL のデータ移行時間を200分から95分に短縮した話し
  • consul の DNS と Health Check 機能の活用方法
  • consul と stretcher による AWS 的な Deploy
  • Kyoto Tycoon から yrmcds への移行
    • yrmcds の監視について
    • consul lock を活用した自動 failover 機能について
    • consul lock の使用を中止するまでの経緯
  • Zabbix での RDS for MySQL と ElastiCache for Redis の監視
    • マクロを使用して設定を楽に行う方法
  • RDS for MySQL と ElastiCache for Redis で正常に Failover させる方法
    • DBIx::Class と Redis::Fast の場合
  • Chef の運用について
  • Jenkins EC2 Plugin による Spot Instance を活用したテスト
    • カーネルパラメータをチューニングしてテストを高速化に挑戦
  • Mozilla::CA が返す証明書でエラーが発生するようになったので対処した話し
  • etc

Talk Details

Venue トラックE (607-608)
Starts On 2015-08-22 14:20:00
Talk Category Infrastructure / Operations
Language Japanese
Interpretation (En→Ja) NO
Slide Subtitles Japanese
Talk Duration 60 minutes
Material (Difficulty) Level Regular
May we take your photo? allow
May we record your talk? allow

Video

Slide